ロゴ

楽しく英語を習得できる!?フィリピン留学やセブ島留学で学ぶ意味

どのように学ぶ?

日本がグローバル化している今、企業へ就職するために英語が必須になることも珍しくありません。英語が学べる場所と言えば教室や留学がありますが、迷っている人のために特徴を比較してみました。

学び場を徹底比較!

英語教室

なんといっても留学費用をかけず英語が学べる点は大きな長所でしょう。専任の講師は外国人を選定できるなど、日本にいながら本格的な英語を学べます。大勢や先生と一対一のマンツーマン体制で学べるなどコースの充実性が嬉しく感じます。友達と通っている人も多く、英語の勉強を苦に感じないので長く続けやすいです。

語学留学

新しい出会いがある他、現地の文化に触れながら勉強できる点が語学留学のメリットです。日本とまた違う雰囲気に押しつぶされそうになりますが、現地の人のサポートにより楽しく、そして自分自身の成長へと繋げることができます。授業以外にも現地の人を触れ合う時間が多いため、帰国するころにはペラペラです。語学留学が後に大きな財産となって残るので、経験してみる価値は十分あるでしょう。

情報収集は時間をかけて行なう

目的は英語習得なので、それを軸に学ぶ場所を決める必要があるでしょう。もし、学生なら英会話教室より留学が良いかもしれませんね。費用がお手頃ですし、短期間から長期と自由に選べます。

モヤモヤは解消すべし!

不安を抱えたまま語学留学に参加するのは本人にとってあまりいいことではありません。いい旅立ちにするためにも、モヤモヤは先に解消しておくほうがいいでしょう。

留学に関するギモンをすっきり解消

初心者に向いている学校の特徴が知りたいです

基礎からしっかり教えてくれる学校が好ましいでしょう。もし、勉学に集中したいなら一人部屋を確保している学校を選ぶことも大切ですよ。後はマンツーマン体制で勉強を進める学校も探しておきましょう。上達が早くなります。

留学をするのに年齢制限はありますか?

フィリピン留学の場合、年齢が15歳以上いっていれば参加可能です。それ以下の年齢は断られることが多いので確認はしておくべきでしょう。ただこの場合、両親も一緒にという条件で入国することになるかもしれません。

延長は可能ですか?

学校によりますが、ほとんどがOKとしています。ただし、日本に入金をする必要があるのでカリキュラムの延長がわかっている時点で現金を用意しておきましょう。

保険はどうなっていますか?

セブ島やフィリピンへ留学する場合、本人に海外旅行保険への加入をおすすめしています。手続きを無料で行っているところもあるので手間が省けて便利でしょう。同時に航空券の手配もしています。